28歳独身女、手に職をつける

資格とったりダイエットしたり・・・そんな毎日。

カラーサンドを使ったジェルキャンドルの作り方~雪を表現しよう~

f:id:create-crema:20170726170221j:plain

こんにちは、うさみです!

ジェルキャンドルとは、ぷるぷるとしたゼリーのような感触が魅力のキャンドル!

色をつけたり、花や貝殻などを入れることで多彩な種類を作ることができます。

 

その中でも人気なのが、カラーサンドという細かい人工砂を使ったジェルキャンドルです。

このページでは、カラーサンドを使って雪を表現したジェルキャンドルの作り方をお伝えしていきます!ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

カラーサンドジェルキャンドルの完成品

f:id:create-crema:20161229194336j:plain

目指す完成品がこちらです。

底にカラーサンドを敷き、その上にアザラシとペンギンを乗せています。

 

ジェルの部分にはラメを入れてあるので、キラキラして火を灯すとより幻想的に輝きます。

 

カラーサンドジェルキャンドルの材料

今回の作品に使う材料はこちらです。

f:id:create-crema:20170726091605p:plain

 

・カラーサンド・・・サラサラした人工砂です。メーカーによって色は豊富にあります。今回は左の白色を使用しました。

f:id:create-crema:20170726092729j:plain

 >>カラーサンドを購入できる店の紹介記事へ

 

・中に入れるオブジェ・・・今回は100均で購入したオブジェ(ペンギンとアザラシ)を用意しましたが、デザインを考えてお好みのものを用意してください。

ガラス細工でもOKです!

あまり大きすぎると瓶に入らなかったり容器の大きさと比率が合わなかったりするので、注意してくださいね。(逆に小さすぎても容器の中に配置するのが難しいです・・・)

 

・グリッターラメ・・・ジェルワックスへの色付けとしてラメを使用しました。光るラメではなく、着色料(キャンドルカラー)でもかまいません。

今回使用したのは左のゴールドです▼

f:id:create-crema:20170726092658j:plain

>>購入は『ABCクラフト』がおすすめです。詳しくはこちらの記事へ。

 

・ガラス容器・・・今回使ったのは100均で手に入れた高さ8cmのガラス瓶です。カラーサンドをやオブジェを入れる場合には、口が広い容器を使用すると作業が行いやすいです。

 

ジェルワックスなど基本の材料について、材料の購入先については以下の記事で紹介しています。

>>ジェルキャンドルに必要な材料と購入方法まとめ

>>ジェルキャンドルの材料が買えるおすすめのお店まとめ

 

カラーサンドジェルキャンドルの作り方

それでは作っていきましょう!①から⑦までは基本の作り方と同じになります。

 

①ホットプレートをあたためる

温度は180℃~200℃ですね。

 

②ジェル150gを溶かす

ステンレスカップに入れ、ホットプレートの上で放置、溶かします。ステンレスカップは持ち手もかなり熱くなります。気を付けて!

 

③温度を一定に保つ

ジェルが溶けたらスプーンで少し静かに混ぜてみて、完全に溶けているか確認します。溶けたらホットプレートの温度を120℃に下げ、ジェルの温度を90℃に保つようにします。

 

④キャンドルウィックの準備をする

キャンドルウィックをピンセットで持って③の中に入れます。全体が浸って、ヒモから気泡が出なくなれば取り出して少しの間そのまま放置です。

 

⑤ジェルにラメ付けをする

③のジェルに色付け・ラメ付けをします。好みの分量を入れてスプーンで静かに混ぜて全体に色付けします。

 

⑥キャンドルウィックを容器につける

④のキャンドルウィックを容器に固定します。⑤のジェルにキャンドルウィックの金具部分をつけて、容器の真ん中に置きます。ピンセットでくっつけるように押さえるといいでしょう。

 

⑦キャンドルウィックを固定する

キャンドルウィックを割りばしではさみます。割りばしは割らずに、キャンドルウィックを挟んで瓶に橋渡しの状態で置きます。

 

⑧カラーサンドを入れる

ホワイトのカラーサンドを瓶に入れます。キャンドルウィックにカラーサンドがくっついてしまいますが、完成後に見るとあまり気になりません。

 

⑨オブジェを置く

f:id:create-crema:20170726152500j:plain

オブジェ(ペンギンとアザラシ)を配置します。全体のバランスを見て配置していきます。

立てて置くものは少しカラーサンドに埋めるようにしっかり立たせると倒れないでしょう。

 

⑩ ジェルを流し入れる

f:id:create-crema:20170726152520j:plain

最後に⑤のジェルを流し込んで、冷めるまで放置です。

 

⑪最終調整

f:id:create-crema:20170726152533j:plain

ジェルが冷めたら割りばしを外し、キャンドルウィックを切って長さを調節したら完成です☆

 

完成・火を灯した様子

完成品の様子。こちら側はペンギンです▼

f:id:create-crema:20170726152551j:plain

 

反対を向けるとアザラシが見えます▼

f:id:create-crema:20170726152608j:plain

 

ラメと気泡がいっぱいでオブジェがきれいに見えませんが、火を灯すと気にならないと思います。

 

実際に火を灯すとこんな感じになります!すごくキレイですよね。

ジェルのラメが光って良い感じです♪

f:id:create-crema:20170726152629j:plain

f:id:create-crema:20170726152645j:plain

 

カラーサンドジェルキャンドル作りの参考本 

▼ジェルキャンドルに挑戦するならこの本を見るとわかりやすいです。

基本の作り方はもちろん、カラーサンドだけでなく色々なタイプの作品の作り方が載っています。

 

▼こちらの本はカラーサンドを使ったジェルキャンドルに特化した本です。かわいいジェルキャンドルが24作品も載っていますよ♪

 

まとめ

カラーサンドを使ったジェルキャンドルは以下の手順で作っていきます。

  1. ジェルとキャンドルウィックを準備する
  2. 容器にキャンドルウィックを付ける
  3. カラーサンドを入れる
  4. オブジェを設置する
  5. ジェルを入れる
  6. ジェルが固まったら完成

カラーサンドを何色も使って重ねたり模様を付けると、作品のバリエーションが豊かになりますよ!

 

当サイトでは、他のジェルキャンドルの作り方もご紹介しています。色々なジェルキャンドルに挑戦してみてくださいね!

>>ジェルキャンドル作品集

 

スポンサーリンク