28歳独身女、手に職をつける

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

28歳独身女、手に職をつける

手に職をつけたいと願いながら色々と手を出すアラサー女のブログ

カラーサンドを使ったジェルキャンドルの作り方~雪を表現しよう~

こんにちは、うさみです。 

今回はジェルキャンドル作りの記事です。

これまでに必要な材料や基本の作り方をお伝えしてきました。

create-crema.hatenablog.com 

create-crema.hatenablog.com

ジェルキャンドルとはぷるぷるとしたゼリーのような感触が魅力のキャンドル!

火を灯すと、なんとも幻想的でロマンチックな空間が生まれます。

見た目がかわいくてオシャレ、キレイ、という点が人気でプレゼントとしても喜ばれますよ♪

今度はそんなジェルキャンドルの中でもカラーサンドという細かい砂を使って作品を作ってみました(^^)

 

カラーサンドで雪を表現?!

今回作ったのはコチラです。

f:id:create-crema:20161229194336j:plain

砂のようなものが敷いてあって、その上にアザラシとペンギンが乗っています。

この砂がカラーサンドと呼ばれるものです。白いカラーサンドで雪を表現したつもりです(>_<)

ジェルの部分にはラメを入れてあるので、キラキラしています♪

 

用意するもの

基本の材料以外で用意したのはコチラ↓

(基本の材料はコチラで確認してくださいね⇒『ジェルキャンドルに必要な材料』

・カラーサンド・・・サラサラした砂のようなものです。

カラーサンド

*ホワイト・ブラウン 各¥130(税込)

このメーカーのものだと全10色あります

*今回使ったのはホワイトだけです

 

・中に入れるオブジェ・・・今回はペンギンとアザラシを用意しましたが、デザインを考えてお好みのものを用意してください。あまり大きすぎると瓶に入らなかったり容器の大きさと比率が合わなかったり。逆に小さいと容器の中に配置するのが難しいです。

オブジェやガラス細工は『PUTIT MIMORE』『デザインキャンドルピュア』というお店で購入できます。

(詳しくは【材料が買えるおすすめのお店】へ)

 

・ガラス容器・・・今回使ったのは100均で手に入れた高さ8cmのガラス瓶です。

 

作り方

①から⑦までは基本の作り方と同じになります。

①ホットプレートをあたためる

温度は180℃~200℃ですね。

 

②ジェルを150g分溶かす

ステンレスカップにジェルを入れ、ホットプレートの上で放置、溶かします。

*ステンレスカップは持ち手もかなり熱くなります。気を付けて!

*今回は瓶に目一杯ジェルを入れたかったので多めに溶かします。

ジェルキャンドル

 

③ジェルの温度を保つ

ジェルが溶けたらスプーンで少し静かに混ぜてみて、完全に溶けているか確認します。溶けたらホットプレートの温度を120℃に下げ、ジェルの温度を90℃に保つようにします。

*温度が低くなるとジェルは側面から固まり始めます。固まってしまったらまた温度を上げるなどの調節をしましょう。

 

④キャンドルウィックにジェルをつける

キャンドルウィックをピンセットで持って③の中に入れます。全体が浸って、ヒモから気泡が出なくなれば取り出して少しの間そのまま放置です。

*少量のジェルは結構すぐに冷めて固まります。1~2分で触れるので、そしたらピンセットから外してもかまいません。

ジェルキャンドル

ジェルキャンドル

 

⑤ジェルにラメ付けをする

③のジェルに色付け・ラメ付けをします。好みの分量を入れてスプーンで静かに混ぜて全体に色付けします。

 *今回はライトゴールドのラメを少し混ぜました。

 

⑥キャンドルウィックを容器につける

④のキャンドルウィックを容器に固定します。⑤のジェルにキャンドルウィックの金具部分をつけて、容器の真ん中に置きます。ピンセットでくっつけるように押さえるといいでしょう。

 

⑦キャンドルウィックを固定する

キャンドルウィックを割りばしではさみます。割りばしは割らずに、キャンドルウィックを挟んで瓶に橋渡しの状態で置きます。

 

⑧カラーサンドを入れる

ホワイトのカラーサンドを瓶に入れます。キャンドルウィックにカラーサンドがくっついてしまいますが、完成後に見るとあまり気になりません。

*1袋60g入っていましたが全部入れました。デザインのバランスとしてはちょうどよかったです。

 

⑨オブジェを置く

オブジェ(ペンギンとアザラシ)を配置します。全体のバランスを見て配置していきます。立てて置くものは少しカラーサンドに埋めるようにしっかり立たせると倒れないでしょう。

*上から見た図↓

ジェルキャンドル

 

⑩ ジェルを流し入れる

最後に⑤のジェルを流し込んで、冷めるまで放置です。

ジェルキャンドル

 

⑪最終調整

冷めたら割りばしを外し、キャンドルウィックを切って長さを調節したら完成です☆

ジェルキャンドル

  

完成作品

こちら側はペンギンです。

ジェルキャンドル

 

反対を向けるとアザラシが見えます。

ジェルキャンドル

 

ラメと気泡がいっぱいでアザラシはあまり顔が見えませんね。中のオブジェは色が濃いものをいれた方がいいのかもしれません。

 

火を灯すと・・・

火を灯すとこんな感じになります(^^)すごくキレイですよね。

ジェルのラメが光って良い感じです♪

f:id:create-crema:20160712171509j:plain

f:id:create-crema:20160712171542j:plain

 

まとめ

いかがでしたか?カラーサンドを使うとデザインもひろがって面白いですよ!

ぜひ作ってみてくださいね☆

 

ジェルキャンドルに挑戦するならこの本を見るとわかりやすいです♪基本の作り方はもちろん、今回のカラーサンドを使った作品の作り方も載っています。

こちらの本はカラーサンドを使ったジェルキャンドルに特化した本です。かわいいジェルキャンドルが24作品も載っていますよ♪

 

 

ジェルキャンドル

【他のジェルキャンドル作品】

www.usamiblog.net

www.usamiblog.net

www.usamiblog.net

www.usamiblog.net

www.usamiblog.net

 

スポンサーリンク