28歳独身女、手に職をつける

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

28歳独身女、手に職をつける

手に職をつけたいと願いながら色々と手を出すアラサー女のブログ

【超簡単】ジェルキャンドルの基本の作り方

ハンドメイド-ジェルキャンドル ハンドメイド

こんにちは、うさみです。

簡単に作れるジェルキャンドルの作り方をご紹介します。

用意する材料や道具については前回の記事を読んでくださいね。

『ジェルキャンドル作りに必要な材料』

 

参考にした本

 『ジェルでつくるキャンドルレシピ』という本を見ながら作りました。

基本の作り方からスイーツキャンドルの作り方まで載っているので、とても参考になりますよ。

完成品

今回はこれを作ってみました。

ロックグラスにピンクのジェルを入れただけのシンプルなジェルキャンドルです。

ジェルキャンドル完成品

使うガラス容器

今回は四角いグラスを使って作りました。

100均(セリア)で買ったものですが、ロックグラスみたいなやつで、高さは6cmです。

だいたい上2cmくらい空けてジェルを流し込む予定でした。

口が広いものは作業しやすいですよ(^^)

基本の作り方

基本の作り方です。

①ホットプレートをあたためる

温度は180℃~200℃ですね。

 

②ジェルを溶かす

使う分だけのジェルを溶かします。

ジェルをステンレスカップに入れ、ホットプレートの上で放置、溶かします。ステンレスカップは持ち手もかなり熱くなります。気を付けて!

*ステンレスカップが濡れているとジェルがはじけて火傷をする危険があります。必ず水気をとってから溶かしましょう。

*ジェルの量ですが、 瓶に入れたい分より多めに溶かすのが基本です。

この時は最初なので50g溶かしてみました。完全に溶けると約80ccになりました。

ジェルキャンドル

 

③ジェルの温度を一定に保つ

ジェルが溶けたらスプーンで少し静かに混ぜてみて、完全に溶けているか確認します。溶けたらホットプレートの温度を120℃に下げ、ジェルの温度を90℃に保つようにします。

*温度が低くなるとジェルは側面から固まり始めます。固まってしまったらまた温度を上げるなどの調節をしましょう。

 

④キャンドルウィックにジェルを付ける

キャンドルウィックをピンセットで持って③の中に入れます。全体が浸かるとヒモから細かい気泡が出ます。出なくなったら取り出して少しの間そのまま放置です。

*少量のジェルは結構すぐに冷めて固まります。1~2分で触れるので、そしたらピンセットから外してもかまいません。

ジェルキャンドル

ジェルキャンドル

 

⑤ジェルの色とラメ付け

③のジェルに色付け・ラメ付けをします。好みの分量を入れてスプーンで静かに混ぜて全体に色付けします。

キャンドルカラーは細かい繊維状になっています。出来上がるとわかりますが、ほんのちょっとの量でも濃く色が付きます。ピンセットでちょっとずつ入れながら色を濃くしていきましょう。

*この時はまずピンクのキャンドルカラーを使いました。

ジェルキャンドル

 

⑥ キャンドルウィックを容器に固定する

④のキャンドルウィックを瓶に固定します。ジェルをのり代わりにして固定します。

⑤のジェルにキャンドルウィックの金具部分をつけて、瓶の真ん中に置きます。ピンセットでくっつけるように押さえるといいでしょう。

*この時は完全にずれました(^_^;)瓶の裏側から見ると位置を定めやすいです。

ジェルキャンドル

 

⑦ジェルを流す前に・・・

キャンドルウィックを割りばしではさみます。割りばしは割らずに、キャンドルウィックを挟んで容器に橋渡しの状態で置きます。

こうすることでジェルを入れる時にウィックが真っ直ぐ固定されています。

 

⑧ジェルを容器に流し入れる

ジェルを静かに流し入れます。

*瓶はジェルが入ると持てなくなるくらい熱くなります。気を付けて!

ジェルキャンドル

 

 

(☆ジェルの量が足りませんでしたので、今度はまた同じ要領で、ライトピンクのラメを使って上につぎ足してみました。)

 

⑨ジェルを固める

そのまま常温でしばらく置いておきます。

ジェルが固まってきたら割りばしをそーっと外します。キャンドルウィックの長さを切って調節します。完全に固まって冷めたら完成です☆

 

反省・問題点

ジェルキャンドル完成品

上と下が2層になっているのわかりますかね?グラデーションっぽくなりました。

まだ下の層が固まる前に次のジェルを注いだのでグラデーションになったようです。

 

 下の層が特に色が濃い気がします。そんなにキャンドルカラーを入れたつもりはなかったんですが・・・やはり思った通りの色を出すのは難しいですね。

 

あと表面がきれいな平らにならずにフチのところにジェルがついてかたまってしまいました。これはジェルを流し込む時に容器を傾けてしまったからです。

でもこれは爪でも切ってはがせるくらいなので、気になるようだったらカッターとかでピッて切っちゃえばいいかなと思います★

ジェルキャンドル

 

まとめ

以上、基本の作り方でしたがどうでしたか?

基本の工程としてはジェルを溶かして流し入れるだけなので、難しくないと思います。あとは慣れとデザインセンスですね(>_<)

今回は基本の作り方でしたが、アレンジしたジェルキャンドルの作り方もお伝えしていますので、よかったらご覧くださいね↓

 

【関連記事】

www.usamiblog.net

www.usamiblog.net

www.usamiblog.net

www.usamiblog.net

www.usamiblog.net

www.usamiblog.net

 

スポンサーリンク