28歳独身女、手に職をつける

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

28歳独身女、手に職をつける

手に職をつけたいと願いながら色々と手を出すアラサー女のブログ

資格をとる事の意味~どうして資格をとるのか~

本音トーク

こんにちは、うさみです。

 

今年に入ってから

アスリートフードマイスター3級の資格をとり、日商簿記試験3級を受け、メンタルケア心理士の試験を4日後に控えています。

 

全て受かると仮定して、資格を3つ取る事になるのですが

実は去年までは全く資格に興味はありませんでした。

いや、興味はあったけど本気で取ろうという気にはならなかったんです。

 

お金がかかるなぁとか

仕事もあるから時間ないなぁとか

取っても使わないかも・・・もったいなぁとか。

 

あまり必要性を感じなかったんです。

 

「〇〇の資格を持っています」って言わなくても実力が備わっていればやっていける、認めてもらえるはず。

とも思っていました。

 

この考えは決して間違いではないと今でも思っています。

でも資格があると、それが誰でも共通でわかる一つの目安になって就職で有利になったり人から信用されたり・・・っていうのは紛れもない事実なんですね。

 

だから「私はこんな事ができます」「私はこういう人間です」って自分をわかってもらうために取ってみようかなって思って今年に入ってからバンバン取得してます(^^)v

 

もちろん資格を持っているだけで中身が伴っていないと意味がないですけど(^_^;)

 

もう一つの理由。

 

それはブログのタイトルの『手に職をつける』に関係しています。

手に職をつけたいと思っているけど、自分が何に向いているのか、どんな風に手に職をつけて生きていけばいいのかがわからなくて。

 

それならいろいろな事を勉強しよう!いろいろな事を学んだり経験したらその中に自分の合うものがきっと見つかる。自分に合うものが何かわかるはず。

 

って想いです(*^。^*)

探り探りで生きてます(笑)

まだ28歳。

もう28歳。

正直人生不安だらけ。

非情な世の中だなって思いながら、生きていることに感謝しながら過ごす毎日です☆

 

うさみ