28歳独身女、手に職をつける

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

28歳独身女、手に職をつける

手に職をつけたいと願いながら色々と手を出すアラサー女のブログ

【ボトルアクアリウム】初心者がまず用意する材料と購入方法は?

f:id:create-crema:20170512213621j:plain

こんにちは、うさみです!

小さな水族館と言われ、インテリアとしても人気のボトルアクアリウム。そんなボトルアクアリウムを作るために初心者がまず用意する材料とは何なのでしょう?

未経験からボトルアクアリウム作りを始めた初心者の私が、実際に必要だった材料や購入方法をお伝えします。

スポンサーリンク

ボトルアクアリウムってなに?

ボトルアクアリウムとは『小さな水族館』とも言われ、小さなガラス瓶の中で水草や石などを配置するアート作品です。

人によって熱帯魚や金魚などの生き物を一緒に入れて育てたり、水草だけを入れて”水中観葉植物”として楽しんだり・・・♪

インテリアの一部にもなる癒し的存在として手作りする人が多くいます☆

 

‟ボトル”アクアリウムという名の通りガラス瓶を利用して作るのが一般的ですが、瓶の種類も花瓶・ジャム瓶・グラスなど透明である程度の大きさがあれば何でも使えるので、個性が出ておもしろいですね。

 

初心者がまず用意する材料一覧

どんなボトルアクアリウムを作るかにもよりますが、初心者でも簡単にできるものを作るための材料がこれらです。一つずつ詳しく説明していきますね。

  • ガラス瓶
  • 水草
  • 砂・ガラス砂
  • 肥料
  • カルキ抜き
  • 水草のおもり

ガラス瓶

ガラス瓶・容器は好きな形状のものでいいと思いますが、口の部分が広いもの選びましょう。底の部分まで手を入れて水草を置いたりするので、手やピンセットが入らないと作業できません。

高さも水と水草を入れることを踏まえて考えましょう。15cmくらいはあると安心ですね。完成形をイメージしながら使いやすそうな瓶を用意しましょう。

 

ちなみに私は初めての時、このような高さ15cmのグラスを使いました▼

f:id:create-crema:20170520204230j:plain

グラスだと幅が狭いので大きな作品は作れませんが、やりやすいので初心者の方にはおすすめです◎

 

水草

水草は見た目の好みもありますが、『育てやすさ』も重要です。

水草も生き物なので、生長したり、逆に弱ったりします。その都度手入れも必要になるので、育てやすいものを選ぶと良いでしょう。

 

ちなみに私が初めに用意した水草はマツモという種類です。お店によりますが、だいたい3~5本が1個(セット)になっています。

初心者向きで強くて育てやすいのが特徴で、見た目も良い感じです◎

 

あとで紹介するボトルアクアリウムの本『わたしの部屋の小惑星』にはとじ込み付録で水草の図鑑が付いてきます。写真付きで水草のデータが載っているのでとても参考になりますよ♪

 

砂・ガラス砂

水草を植えるのに砂は欠かせません。普通の自然砂を使用することもありますが、せっかくならカラフルなガラス砂を使ってみてはどうでしょうか?

私は赤いガラス砂とさきほどのマツモを使ってシンプルな作品を作ってみましたが、赤と緑のコントラストがキレイでインテリアとしてもオシャレな作品に仕上がりました◎

f:id:create-crema:20170520213240j:plain

 

肥料

水草の健康的な生長のために肥料も用意しましょう。

固形タイプはゆっくり効果がでるので長持ちします。砂と一緒に見えないようにガラス瓶に入れて使います。

 

カルキ抜き

使う水のカルキ抜きをするために用意します。

金魚やメダカなどの生き物を入れない場合ならカルキ抜きする必要がないとされていることもありますが、私はカルキ抜きをしないで水草を入れたら水草が弱って溶けてしまいました(汗)

なのでカルキ抜きすることをおすすめします。商品にもよりますが、2Lの水に対してキャップ1杯を混ぜて使うなど希釈して使用するのが一般的です。

 

水草のおもり

水草は砂の中に植えるのですが、水草が軽いと浮力に負けて浮いてきてしまうことがあります。そんな時に便利なのが『水草のおもり』です。

このように水草に巻き付けて使います▼

f:id:create-crema:20170520183801j:plain

このまま砂の中に植えれば水草が浮き上がらずに固定されるので便利です◎

 

用意しておきたい道具一覧

ボトルアクアリウムを作る時に共通して用意しておきたい道具がこれらです。すべて100均などで買えるので用意しておきましょう。

  • 茶こし
  • ピンセット

茶こし

茶こしもしくはザルを用意しましょう。砂・ガラス砂を洗うのに役立ちます。

量が少なければ茶こしで充分だと思います。

 

筆(絵具の筆)

ガラス瓶に入れた砂をならすのに役立つのが筆です。絵具用の筆で良いですが、作業しやすいように15~20cmのものを用意しましょう。

 

ピンセット

ピンセットは主に水草を配置する時に使います。水草の根本を挟んで植えていくのです。

ピンセットも筆と同様、長いものを用意しましょう!最低でも20cm程のものを用意してくださいね。100均に売っていない場合は東急ハンズなどで手に入ります。

私はこちらの18cmのピンセットを使用しています▼

 

材料の購入方法&店

水草や砂などの材料はホームセンターやペットショップ、ネット販売で購入できます。

もし「何を買ったら良いかわからない」「どんな水草が育てやすいのかな?」と不安だったら、店員さんに聞くと親切に教えてくれると思いますよ♪

 

買うものが決まっている場合にはネットで買うのがおすすめです。

おすすめのお店は『チャーム』というお店です。Amazonや楽天に出店しているペット用品店です。送料がかかるのが難点ですが、ポイントも貯まりますし、早い時は翌日には届くので便利ですよ♪

f:id:create-crema:20170520210700p:plain

チャームAmazon店へ

チャーム楽天店へ

 

参考になるボトルアクアリウムの本

初心者のボトルアクアリウム作りに参考になる本を2冊紹介します。

わたしの部屋の小惑星

私がボトルアクアリウムの存在を知ったきっかけになった本です。

2016年6~7月にNHKの『趣味どきっ!』という番組で「アクアリウムとテラリウム」というテーマが全8回にわたって放映されました。番組の内容はタレントのラブリさんがアクアリウムを、JOYさんがテラリウムをそれぞれのプロから教わりながら技術を身に付けていくというもの♪

 

この本はその番組と連動しているテキスト本なんです。

このテキスト本にはボトルアクアリウムの基本からアレンジの仕方までが8テーマに分けて載っていて、同じ内容をテレビ番組でタレントさんを使って解説するというわけですね。

もちろん本を読んだだけでもボトルアクアリウム作りに挑戦できるようになっていて、丁寧に作り方が解説されています。

私も実際にこの本を見ながら作品を作りました(^^)

 

暮らしを彩る小さなアクアリウム

この本にも基本の作り方から材料の説明まで載っています。ただどちらかというとデザイン重視でおすすめの本です。

というのも、表紙に載っているように、この本に載っているアクアリウムはどれもすごくカラフルでオシャレ!

色や季節をテーマに40個以上の作品が載っています。

例えば『赤』『夏祭り』『虹』などをテーマに作られていて、「オシャレだな」「センスあるな」「楽しいな」と思えるものばかりです。

趣味どきっ!のテキスト本では使われていなかったアートフラワーがふんだんに使われているのでカラフルでオシャレな作品に仕上がっているのだと思います。

 

自分で楽しむだけでなく人に見てもらいたい、自宅に友達を招くからオシャレな水槽を作りたいという人はデザインセンスも重要ですよね!そんな方は1冊持っておくとヒントが得られますよ(^^)

 

まとめ

初心者がボトルアクアリウムを作る時に必要な基本材料は次の6つ。

  • ガラス瓶
  • 水草
  • 砂・ガラス砂
  • 肥料
  • カルキ抜き
  • 水草のおもり

最低でもこれらを用意しておきましょう!慣れてきたら作りたい作品のデザインにあわせて材料を追加すると良いでしょう。

 

こちらの記事では今回紹介した材料を使った実際の作品の作り方をお伝えしています。ぜひあわせて読んでみてくださいね▼

こちらの記事もおすすめ