28歳独身女、手に職をつける

資格とったりダイエットしたり・・・そんな毎日。

アスリートフードマイスター資格とは?【合格率・費用・難易度まとめ】

f:id:create-crema:20170205171729j:plain

こんにちは、アスリートフードマイスター資格3級取得者のうさみです!

アスリートフードマイスターはアスリートを食の面でサポートする専門家で、最近では芸能人の里田まいさんを始めとしたアスリート妻たちが取得していることで話題になっています。

3級から順に1級までありますが、3級の合格率は85%と高めです。

実際に資格を取得した私も、3級であれば難易度は高くなく、取得しやすい資格だと感じました。

しかし類似資格と比べて費用がかかるのが難点で、主に仕事に役立てたいというプロ志向の人向けの資格です。

以下では資格概要から試験について、類似資格との比較まで詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク
 

アスリートフードマイスター資格とは

アスリートフードマイスターは、野菜ソムリエなどで知られる日本野菜ソムリエ協会が業務提携をしている資格。

3級~1級まであり、3級に合格するとさらに2級、1級と進むことができます。

 *3級は以前、「ジュニアアスリートフードマイスター」という名でした

 

【学べること】食べ物の栄養素から献立の立て方まで

f:id:create-crema:20171208180144j:plain

アスリートフードマイスター資格講座3級では食べ物の栄養素やアスリートに必要な食事の摂り方、時期別(試合期、練習期など)食事計画の立て方、献立の立て方などアスリートフードの基礎について幅広く学びます。

3級では基礎を学び、2級、1級と進むにつれて応用編を学んでプロのアスリートをサポートするための知識を身につけていく形となっています。

 

【取得方法】通学or通信の選択式

f:id:create-crema:20171208180208j:plain

アスリートフードマイスター資格を取得するには必ず公式HPから講座や試験の申込みをしなくてはいけません。

簿記や秘書検定などのように完全独学で、またユーキャンなどを利用して、などはできませんので注意が必要です。

3級は通学制と通信制の2通りから選べます。

通学制を選択すると計6時間の授業を1日受けることになりますが、通信制だと自宅でテキストとDVDを使って自分で勉強します。

テキストの内容はそれほど多いわけではないので、一通り終えるだけならそこまで時間はかからないでしょう。

(ちなみに私は通信制で1ヶ月程かけてマイペースに勉強しました)

 

【試験の難易度】3級の合格率は高め!

f:id:create-crema:20171208180249j:plain

3級の試験は90分のマークシート形式で、通信制を選択しても試験は会場で受ける形となります。

 

7割以上の正解で合格となり、公式HPによると3級の合格率は約85%となっています。

ただ、私が実際に試験を受けた体感としては95%くらいかなと思います。

ネットで他の方の反応を見てても、「落ちた」という人は見かけないのでかなり合格率は高いと思います。

ちゃんとテキストを勉強すれば問題なく合格できるでしょう◎

関連参考記事:アスリートフードマイスター3級の取り方&試験内容とは

 

ただし2級の合格率は35%と、一気に難易度が上がります。

3級が基礎編として誰でも受かるようなものであるのに対し、2級以上となると、ある程度真剣に取り組まないと合格できないような資格となっています。

 

【費用】3級の受講料は68,000円

f:id:create-crema:20171208180310j:plain

各級の受講料金は以下の通りです。

3級・・・68,000円

2級・・・110,000円

1級・・・180,000円

*すべて税込み・試験1回分込み

 

アスリートフード関連の資格の中では高めの価格設定で、1級まで進もうと思うと費用がかなりかかってきます。

 

アスリートフードマイスターの仕事・資格の役立て方

アスリートフードマイスター資格は3級~1級までのどの級まで取得するかで役立て方が変わってきます。

公式HPによると、以下のような位置づけとなっています。

3級・・・自分が家族の食生活に役立てることができる
2級・・・アスリートの食事をサポートできる
1級・・・プロアスリートのコーチングができる

 

あくまで3級は基礎となるので、2級以上を取得することで「アスリートフードマイスター」として活躍できるでしょう。

アスリートフードマイスターになれば、例えばセミナー講師をしたり、アスリートフード専門の料理教室を開いたりと役立て方は様々です。

 

どんな人におすすめ?類似資格との比較

f:id:create-crema:20171025152141j:plain

私はアスリートフードマイスター3級と、類似資格のスポーツフードスペシャリスト資格の2つを取得しています。

2つの資格は似ていますが、内容の濃さや幅広さが異なり、それぞれの講座に向いている人が違っています。

 

芸能人も取得!プロ志向におすすめのアスリートフードマイスター

f:id:create-crema:20171005121610j:plain

アスリートフードマイスター資格はスポーツ選手の奥様や、食や健康意識が高い女優さんなどの芸能人に人気の資格です。

一般人でも取得している人は多いですが、コーチやトレーナー、スポーツ栄養士など本格的に仕事として活用していきたい人向けになります。

その分より多くの知識が身につくと思うかもしれませんが、初級の3級はいわば入門編なので、2級、1級と進んでいくことで充分な知識を身につけることができるでしょう。

するとその分お金もかかってくるので、「そこまでの感じじゃないな」という方には不向きかなと感じます。

*アスリートフードマイスター3級~1級まで総額35万円以上かかります。

 

日常生活で役立てるならスポーツフードスペシャリスト

f:id:create-crema:20171005121634j:plain

一方、スポーツフードスペシャリスト資格は同じように『スポーツと食』『アスリートの食事』について学びますが、どちらかというと日常生活で役立てたい人向け。

部活をがんばる子どもをサポートしたい、スポーツに励む恋人の食事を作ってあげたいなどの想いでスポーツ栄養を学びたい人に向いている講座内容になっています。

公式HPに載っている『受講者の口コミ 』でも、アスリートではないけど日常生活で役立てているという声が載っています。

 

また受講料金も37,000円と安いことからも、アスリートフードマイスターよりも取り組みやすい資格といえるでしょう。

formie(フォーミー)というオンライン通信講座で取得できるので、一度公式HPを見てみてください。

 関連記事:【口コミ】スポーツフードスペシャリストってどんな資格?

 

アスリートフードマイスター資格のまとめ

アスリートフードマイスターとは『アスリートを食で支えるスペシャリスト』のこと!

合格率は85%と高めで、通信講座でも学べるので取得しやすい資格です。

ただ費用がかかるのが難点なので、類似資格の『スポーツフードスペシャリスト 』と見比べてみることをおすすめします。

 

アスリートやスポーツを行う人にとってだけでなく、普段の食事や体調管理にも役立つ知識が得られるので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

スポンサーリンク
 

*当記事の内容は、私が実際に資格取得をした2016年4月時点のものです。最新情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。