28歳独身女、手に職をつける

資格とったりダイエットしたり・・・そんな毎日。

【アスリートフードレシピ】ゴマ油香る醤油だれで食べる鶏だんごの作り方

f:id:create-crema:20170830230951j:plain

こんにちは、スポーツフードスペシャリスト資格取得者のうさみです!

今回はアスリートの体作りに欠かせないタンパク質がとれるメニュー、『ゴマ油香る醤油だれで食べる鶏だんご』のレシピをお伝えします。

タンパク質だけでなく、ビタミンB群、そして食物繊維もとれるのがポイント◎

誰でも簡単に作れて、手間もかからないメニューです。

 

こちらの『JISS国立スポーツ科学センターのアスリートレシピ』という本に載っているメニューをアレンジして作ったものになります。

スポンサーリンク

 

アスリートレシピ『ゴマ油香る醤油だれで食べる鶏だんご』の材料

f:id:create-crema:20170830221348j:plain

鶏だんご15個分の材料

鶏ひき肉・・・250g前後

玉ねぎ・・・2分の1個

えのき・・・半袋

塩コショウ・・・少々

ゴマ油、しょうゆ、ねぎ・・・適量

 

アスリートレシピ『ゴマ油香る醤油だれで食べる鶏だんご』の作り方

1.玉ねぎとえのきをみじん切りにする

f:id:create-crema:20170830221403j:plain

 

2.ボウルに鶏ひき肉、塩コショウを入れて粘りが出るまで混ぜる

f:id:create-crema:20170830221420j:plain

 

3.玉ねぎとえのきを加えてよく混ぜる

f:id:create-crema:20170830221437j:plain

f:id:create-crema:20170830221455j:plain

 

4.スプーンで一口大に丸くして沸騰したお湯で茹でる。火が通ったらあげて水分を切る

f:id:create-crema:20170830221513j:plain

f:id:create-crema:20170830221528j:plain

f:id:create-crema:20170830221555j:plain

POINT
お湯でゆでずに、電子レンジで加熱してもOKです。もとの本のレシピでは電子レンジを使ったレシピになっています。

 

5.ネギ、しょうゆ、ゴマ油をかけて完成

f:id:create-crema:20170830221609j:plain

POINT
しょうゆとゴマ油は混ぜても分離してしまうので、それぞれ直接かけるのがおすすめ!

 

こんなアスリートにおすすめ!

こんなアスリートにおすすめ

減量したい

手間をかけたくない

疲れている

腸内環境を整えたい

食欲がない

料理が苦手

 

『ゴマ油香る醤油だれで食べる鶏だんご』は高タンパク質・高ビタミンB群に加えて、えのきの食物繊維もとれるメニュー。

低カロリーなので、減量中のアスリートにもおすすめです。

ゴマ油の香りで食欲がそそられるので、練習で疲れている時や夏場でも食べることができますよ!

ちなみに、えのきの食感や味は全くといっていいほどしません。入っていることがわからないので、えのきが苦手なお子さんにも良いかもしれませんね。

 

今回参考にした本『JISS国立スポーツ科学センターのアスリートレシピ』にはアスリート向けのレシピが数多く載っていて、栄養素の勉強にもなります。

色々なアスリートレシピを作ってみたい人はぜひ見てみてくださいね。

スポンサーリンク

 

アスリートを食でサポートするための資格取得

アスリートフードについて正しい知識を身につけたいという人におすすめなのが資格取得です。

スポーツと食に関する資格はいくつかありますが、私が取得しているのはスポーツフードスペシャリスト資格とアスリートフードマイスター3級資格。

f:id:create-crema:20171025152141j:plain

2つのうち、私のおすすめはスポーツフードスペシャリストです。

オンライン通信講座で受講から試験まで済ますことができるので、忙しい人でも手軽に資格を取得することができます!

部活をがんばる子どもの役に立ちたい、スポーツを楽しむ彼を応援したい、そんな方におすすめの資格です。

参考記事:『スポーツフードスペシャリスト資格講座とは

 

 

他のアスリートレシピはこちら
韓国チャプチェ
塩昆布とツナの炊き込みご飯