28歳独身女、手に職をつける

資格とったりダイエットしたり・・・そんな毎日。

ダイソー(100均)の材料で貝殻ジェルキャンドル作り!

f:id:create-crema:20170824000703j:plain

こんにちは、うさみです!

女性の趣味として、また小学生の自由研究として人気のジェルキャンドルですが、残念ながら材料を売っているお店があまりありません。

しかし、100均のダイソーでは材料を買うことができるのです!

いつもはネットで材料を購入している私ですが、今回はダイソーで手に入れた材料で『貝殻ジェルキャンドル』を作ってみました!

写真付きで作り方を紹介しているので、参考にして一緒に作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

 

ダイソーで買った『貝殻ジェルキャンドル』の材料

f:id:create-crema:20170823164457j:plain

こちらが今回ダイソーで買ったジェルキャンドルの材料です。

ジェルワックス(グリーン)1本

キャンドルウィック 1本

カラーサンド(グレー)1袋(60g)

貝殻 適量

ジェルワックスにはすでに色が付いているので、このまま溶かして流しいれるだけでグリーンのジェルキャンドルができます。

さらにキャンドルウィックはジェルコーディングがすでに済ましてあるので、下準備の手間が省けて便利ですね!

 

その他で用意したものはガラス瓶と透明ジェルワックスです。

ガラス瓶は自宅にあったものを使用しましたが、ダイソーにもいろいろなタイプのガラス瓶がたくさん売られていますよ!

f:id:create-crema:20170823164709j:plain

 

ダイソーのジェルワックスは45ml入りのチューブタイプですが、1本だけだと量が少ないです。実際に今回は量が足りなかったので、ネットで購入したジェルワックスも使いました。

(デザインジェルキャンドルのジェルワックス100g *写真クリックで商品ページへ)

 

ダイソー『貝殻ジェルキャンドル』の作り方

まず完成品がこちらになります。

f:id:create-crema:20170823232939j:plain

ガラス瓶にカラーサンド・貝殻・ジェルワックス(グリーン→透明)の順に入れていきます。

ジェルワックスを2色使うので、グラデーションのようになるのが特徴です◎

 

それでは作っていきましょう!ジェルキャンドルの基本の作り方は別記事で詳しく紹介しているので、初めてジェルキャンドルに挑戦する人はあわせて読んでおくと安心です◎

ジェルキャンドルの基本の作り方

 

1.ホットプレートをあたためる

f:id:create-crema:20170822225640j:plain

まずホットプレートを180~200℃で温めます。

 

2.ジェルワックスを溶かす

f:id:create-crema:20170823233203j:plain

ダイソーのグリーンジェルワックスをステンレスカップに入れ、ホットプレートの上に置いて溶かします。

1本分であればすぐに溶けると思います。

溶けたらホットプレートの温度を120℃くらいまで下げます。ジェルワックスの温度が90℃前後を保つようにしておくのが理想です。

また、溶けたジェルワックスを混ぜると気泡ができやすくなるので、気泡を少なくしたい時は極力混ぜないようにしてくださいね。

 

注意
ステンレスカップが濡れているとジェルワックスがはじけて火傷をする危険があります。必ず水気をとってから溶かしましょう。

 

3.キャンドルウィックをガラス瓶に固定する

f:id:create-crema:20170823233254j:plain

キャンドルウィックをガラス瓶の底に固定します。ジェルをのり代わりにして固定します。

2のジェルワックスにキャンドルウィックの金具部分をつけて、ガラス瓶の真ん中に置きます。ピンセットでくっつけるように押さえるといいでしょう。

 

4.カラーサンドを入れる

f:id:create-crema:20170823233432j:plain

カラーサンド(砂)をお好みの量だけ入れます。

私は半量の30gほどをいれましたが、上から貝殻を入れるので多すぎてもダメな気がしました。ガラス瓶の大きさも見ながら調整してみてくださいね。

 

5.貝殻を入れる

f:id:create-crema:20170823233447j:plain

貝殻を配置していきます。今回私は結構ぎっしり入れましたが、2~3個をバランス良く配置する形でもOKです!

ピンセットを使って上手に配置していってくださいね。

 

6.ジェルワックス(グリーン)を流し込む

f:id:create-crema:20170823233505j:plain

まずキャンドルウィックを割りばしで挟み、ガラス瓶に橋渡しの状態で置きます。(上の写真は忘れていましたが、本来は7の写真のように行います)

そして、貝殻のバランスを最終確認してから2のジェルワックスを流し入れましょう。勢いよく入れると気泡が発生しやすくなるので、静かに注ぐのがポイントです。

 

注意
瓶はジェルが入ると持てなくなるくらい熱くなります。気を付けてください!

 

7.ジェルワックス(透明)を流し込む

f:id:create-crema:20170823233550j:plain

グリーンのジェルワックスを入れたら、透明のジェルワックスを同様に溶かし、再度ガラス瓶へ流し入れます。

もしステンレスカップが複数あるなら、グリーンと透明2色を同時に溶かしておくと良いと思います。私は1つしか持っていないので、グリーンを入れ終わってから透明を溶かして・・・と行いました。

 

ジェルワックスを2色以上使用するときのPOINT
1色めのあとにすぐ2色めを入れると、色が混ざってグラデーションになります。逆に間隔が空けば空くほど、1色めが固まるので境目がはっきりしてきます。よりグラデーションぽくしたい時には手早く行いましょう!

 

8.ジェルワックスを固めて完成!

f:id:create-crema:20170823233618j:plain

そのまま常温でしばらく置いておきます。(冷蔵庫には入れないでください)

ジェルワックスが固まってきたら割りばしをそーっと外して、キャンドルウィックの長さを切って調節します。

f:id:create-crema:20170823233651j:plain

 

完全に固まったら完成です。写真では少しわかりづらいかもしれませんが、グリーンと透明のグラデーションがキレイなジェルキャンドルができました!

f:id:create-crema:20170823233810j:plain

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は100均のダイソーで以下の材料を使って『貝殻のジェルキャンドル』を作ってみました。

ジェルワックス(グリーン)1本

キャンドルウィック 1本

カラーサンド(グレー)1袋(60g)

貝殻 適量

 

作り方としては次の流れになります。

  1. ジェルワックスを溶かす
  2. キャンドルウィックをセットする
  3. カラーサンド・貝殻を入れる
  4. ジェルワックスを流し込む
  5. 冷まして固める

 

一見難しそうに見えるかもしれませんが、結構簡単に作ることができます。特にダイソーの材料は色付けなどの下準備がすでにされているので、手間がかかりません。

ダイソーには今回使った材料以外にも、キャンドル作りに使える商品が売られています。色々な材料を組み合わせてジェルキャンドル作りを楽しんでくださいね!

ダイソーにない材料はこちらのお店へ

ジェルキャンドルの材料が買えるおすすめショップ

他のジェルキャンドルはこちらにまとめてあります

ジェルキャンドル作品集