28歳独身女、手に職をつける

資格とったりダイエットしたり・・・そんな毎日。

メンタルケア心理士になるには?資格取得までの3ステップ!

f:id:create-crema:20170819004928j:plain

こんにちは、メンタルケア心理士資格取得者のうさみです!

メンタルケア心理士になるにはたった3つのステップを踏むだけでOK!

メンタルケア心理士講座を受講する

メンタルケア心理士試験を受ける

メンタルケア心理士の資格登録をする

 

早い人であれば半年ほどで資格取得が目指せますが、試験の合格率は46%(平成27年度公式発表)と、少し難易度が高いので注意が必要です。

しかし、難易度が高い分、しっかりとした知識が身につくのが魅力◎

私が資格取得者にとった独自のアンケートでは、20人中15人が「資格を取得してよかった」と答えました!

私自身も半年かけて勉強して見事メンタルケア心理士資格を取得できたことで、自信をもつことができました。

 

以下では『メンタルケア心理士になるための3ステップ』を詳しく説明していきます。

メンタルケア心理士を目指す人は流れをチェックしておきましょう!

 

 メンタルケア心理士講座公式HPへ

重要
現在メンタルケア心理士試験は在宅試験ですが、2018年7月実施試験より会場試験になります。
在宅試験を受験できるのは2018年3月25日の試験までなので、 在宅試験を目指す人は早めに受講を開始することをおすすめします!
スポンサーリンク 

f:id:create-crema:20170923180340j:plain

Step1:メンタルケア心理士講座を受講する

f:id:create-crema:20170722231253j:plain

まずはヒューマンアカデミーたのまなの『メンタルケア心理士講座 』を受講しましょう。

 「精神解剖生理学基礎」テキスト

 「精神医科学基礎」テキスト

 「カウンセリング基本技法」テキスト

試験範囲に合わせた上記の3冊のテキストで学んでいきます。

内容は難しく感じるかもしれませんが、テキストに合わせたDVDと添削レポートがあり、ひとつずつ確認しながら進めることができるので安心です◎

そして最後に修了テストに合格すれば、次のステップ『メンタルケア心理士の試験』に進むことができます。

詳しくは『メンタルケア心理士講座の受講内容』の記事へ

 

Step2:メンタルケア心理士の試験を受ける

f:id:create-crema:20170816100401j:plain

メンタルケア心理士試験は毎年3・7・9・12月に行われるのが慣例です。

テキスト閲覧可の在宅試験なので簡単かと思われがちですが、合格率は46%(平成27年度公式発表)となっていて、気を抜くと不合格になるので注意が必要です!

 

試験は選択式の学科と記述問題の実技の2種類です。メンタルケア心理士講座の3冊のテキストがそのまま試験範囲になりますので、他の教材を買う必要はありません。


2018年7月実施試験より会場試験になります。在宅試験は2018年3月25日の試験までなので、ご注意ください。
また、伴って試験の出題傾向が変更になる可能性があります。

 

試験を受けるには事前に願書を提出したり、受験料を支払ったりしなくてはいけません(もちろんメンタルケア心理士講座の受講も修了している必要もあります)。

講座を受講したヒューマンアカデミーがおこなってくれたり、受講を修了したら自動的に試験が受けられる、というわけではないので注意してくださいね!

詳しい試験問題や試験対策は『メンタルケア心理士の試験問題とは?』の記事へ

 

Step3:メンタルケア心理士の資格登録をする

f:id:create-crema:20160910120457j:plain

メンタルケア心理士の試験に合格したらメンタルケア心理士になれるわけではありません!

最後に『資格登録』を行ないと「メンタルケア心理士」を名乗ることができません!

 

資格登録の案内は合格通知と共に届きます。登録方法は簡単で、料金(5,600円)を振り込んで申込書や顔写真(証明写真)を送るだけです。

1ヶ月ほどで資格登録が完了し、上の写真のような「認定証書」「認定書カード」「ピンバッチ」が届き、晴れて『メンタルケア心理士』を名乗ることができます!

 

Step1:メンタルケア心理士講座公式HPへ

 

メンタルケア心理士が活躍できる場・仕事は?

f:id:create-crema:20170815234637j:plain

念願のメンタルケア心理士資格を得ることができても、心理カウンセラーとしてすぐに働ける人は多くないのが実情です。

最初のうちはボランティアなどから始めて、経験を積むのが良いでしょう。

 

しかし、メンタルケア心理士資格を活かせる仕事は他にも以下のようにたくさんあります。

医療分野

福祉分野

教育分野

人事・産業分野 など

子どもの不登校問題や従業員の過労自殺問題など、様々な分野でメンタルケアは重要視されるようになってきました。

また看護師や保健師がステップアップの一環として取得することも多く、特に医療や福祉の現場では役立てることができるでしょう。詳しくはこちらの『メンタルケア心理士資格を活かせる仕事とは』の記事を合わせて読んでみてください。

 

資格の活かし方は人それぞれですが、勉強したことは必ずあなたの力になるはずです。まずはメンタルケア心理士講座を受講するところから始めましょう!

重要
2018年7月実施試験より在宅試験から会場試験に変更されます。
在宅試験を受験できるのは2018年3月25日の試験までなので、 在宅試験を目指す人は早めに受講を開始することをおすすめします!
締切までに間に合わない場合には2018年7月以降の試験を受験することになりますので、 スケジュールを確認して受講・試験にのぞんでください。

 

まとめ

メンタルケア心理士になるにはたった3つのステップを踏むだけでOK!

メンタルケア心理士講座を受講する

メンタルケア心理士試験を受ける

メンタルケア心理士の資格登録をする

 

一人前の心理カウンセラーとして活躍するには、ボランティアなどから経験を積む必要がありますが、他にもメンタルケア心理士の知識を役立てる場はたくさん存在します。

通信講座と在宅試験で、早ければ半年ほどで資格を取得できるので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

 

*2018年度(平成30年度)以降、メンタルケア心理士資格の在宅試験方式が変更される他、認定方法にも変更があります。(メンタルケア心理士資格がなくなるわけではありません!)当サイトの情報は2017年度(平成29年度)までの情報となりますので、ご注意ください。

スポンサーリンク 

f:id:create-crema:20170923180340j:plain