28歳独身女、手に職をつける

28歳独身女、手に職をつける

手に職をつけたいと願いながら色々と手を出すアラサー女のブログ

医療事務の通信講座を選ぶ時はまず資料請求から!

f:id:create-crema:20170405005046j:plain

こんにちは、うさみです。医療事務の通信講座を始める時は、いきなり申し込まずにまずは資料請求を行うのがおすすめです!無料資料請求の流れとともにお伝えしていきます。

スポンサーリンク

医療事務の通信講座を選ぶために資料請求をしよう

医療事務の通信講座と一口に言っても、以下のように様々な種類があります。

  • 修了者に受講料の20%が還元されるヒューマンアカデミー「たのまな」
  • 教育訓練給付制度の対象となっているソラスト医療事務講座
  • 通信業界初の全額返金保証を取り入れたキャリカレ医療事務講座
  • 資格の取得で知名度と人気の両方が高いユーキャン医療事務講座

 

複数の通信講座を併用してもあまり意味がないので、あなたに合った講座を受けるべきです。どれか一つに絞らなければならないので、まずは資料請求をしてみましょう。

Web上の公式サイトを見ているだけでは全てを把握することはできませんし、資料にはカリキュラムやテキストに関する詳細情報が載っているのでとても役に立ちます。

 

複数の通信講座の資料を請求しよう

最初からどれか一つにこだわるよりも、複数の通信講座の資料を請求するのがベストです。基本的に資料請求だけでお金が発生する通信講座はなく、オンライン上で簡単に申し込みができるので安心してくださいね(^^)

 

  • 自分が取得したいと考えている医療事務の資格はあるのか?
  • 同じ資格の勉強でもカリキュラムに違いはあるのか?
  • サポート体制にどういった違いがあるのか?

このような点を確認でき、公式サイトを眺めているよりも実際に専門の資料を見た方が早いのは間違いありません。

医療事務の通信講座の費用は40,000円~100,000円が相場で決して安いとは言えないので、失敗を未然に防ぐためにも複数の資料を見比べる方が良いですね。

 

キャリアカレッジで資料請求をする流れ

キャリアカレッジ では日本能力開発推進協会から認定されている医療事務講座が用意されており、結婚後や出産後も続けられることで女性から人気を得ています。

 

興味があればぜひ資料請求してみてください。以下では、キャリアカレッジで資料請求をする流れをまとめてみました。

 

  1. キャリアカレッジの公式HP へとアクセスする
  2. 「資料請求(無料)」というボタンをクリックする
  3. 「医療事務」「介護事務」「医療秘書」など欲しい資料を複数の選択肢から選ぶ(一度の請求につき2講座までです)
  4. 「次へ」をクリックした後にフォームが画面上に表示される
  5. 「名前」「メールアドレス」「住所」などの個人情報を入力する
  6. 入力内容に間違いがなければ送信して自宅へと資料が届けられるのを待つ

 

直接電話する必要性はありませんし、全てオンライン上で手続きができるので簡単です。

キャリアカレッジでは初めて学習する方でも安心できるように、「分かりやすい+続けられる」テキストが用意されています。大学にも採用されている信頼のおける教材なので、是非一度チャレンジしてみてください。

 

キャリアカレッジ医療事務講座HPへ

 

一括資料請求サイトを利用する

3~4カ所から資料を取り寄せるのであれば、一括資料請求サイトを利用するのも選択肢の一つです。一括資料請求サイトとしてはケイコとマナブ.net が有名です。

 

  • 一度の申し込みで複数の通信講座の資料を一括で請求できる
  • 情報収集を最初に行った後に自分の目的に合った通信講座を選べる
  • 一つ一つの会社へと資料請求の問い合わせをせずに済む

このようなメリットがありますが、全ての医療事務の通信講座に対応しているわけではないのが難点ですね。ケイコとマナブ.netで見つからなかった講座は別途各会社へ資料請求を行う必要があります。

 

実際に複数の資料へ目を通してみると、カリキュラムやサポート体制に大きな違いがあることが分かります。

「Aの会社で失敗したからBの会社を利用する」といった失敗が起こらないように、慎重に選んでみてください。

 

資料請求をしたあとは・・・

複数の講座の資料請求を行った後は、あなたに合った講座を選ぶ必要があります。

 

  • 取得できる資格は何か
  • 受講料は妥当か
  • サポート体制は万全か

このような事にチェックして資料を見比べるようにしましょう。あなたに合った通信講座を選ぶ時のポイントについてはこちらの記事で詳しく説明しているので、参考にしてみてくださいね▼

こちらの記事もおすすめ

スポンサーリンク

まとめ

資料請求をしてみると、ホームページには書かれていない詳しい情報が書かれていることはよくあります。講座に悩んでいるのなら、一度無料資料請求をしてみてはどうですか?

【おすすめ関連記事】

www.usamiblog.net

www.usamiblog.net

www.usamiblog.net