28歳独身女、手に職をつける

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

28歳独身女、手に職をつける

手に職をつけたいと願いながら色々と手を出すアラサー女のブログ

美容業界で役に立つ!スキンケアに関する資格をまとめました!

f:id:create-crema:20170327152055j:plain

こんにちは、うさみです。エステティシャンや美容師など美容業界で役立つ、スキンケアに関する資格をまとめてみました。資格を持っていると信用度も増して、就職にも有利に働きますよね。

スポンサーリンク

スキンケアに関する資格の種類は?

スキンケアに関する資格の種類は皆さんが想像する以上にたくさんあります。

 

  • 独立系の協会
  • 通信講座
  • 化粧品会社関連

これらを中心にたくさんあり、正直どれが良いのかわかりませんよね(汗)そんな女性のために幾つかの種類を挙げてみたので参考にしてみてください。

 

スキンケアアドバイザー

スキンケアアドバイザー は通信講座に対応している代表的なスキンケアの資格です。

日本スキンケア協会から提供されており、様々なセラピストやエステティシャンから高い評価を得ています。

 

  • メイクアップアーティスト
  • 美容師
  • 化粧品販売員
  • ネイリスト
  • 歯科衛生士

 

他にも上記のようにヘルス&ビューティに関わる幅広い分野で役立てることができ、あらかじめカリキュラムが組まれているのが安心ポイントなのではないでしょうか。

医師監修のテキストでしっかりと勉強をすることができ、美容業界からも注目されている資格です。

 

スキンケアのアドバイスができるように目指した内容で難易度も高くないので、興味がある方は資格取得の通信講座を受けてみてください。

 

スキンケアアドバイザー公式HPへ

 

こちらの記事もおすすめ

 

スキンケアカウンセラー

スキンケアカウンセラーはスキンケアアドバイザーと同じように、日本スキンケア協会が発行している資格です。

どのような特徴を持つ資格なのか見ていきましょう。

 

  • 基礎知識ではなく高度なスキンケアの知識を習得できる
  • お客様や患者様とカウンセリングする際に必要なコミュニケーションスキルを学べる
  • 知識に加えて実務レベルを上げられる内容

 

スキンケアアドバイザーの上位版と考えると分かりやすく、この資格保持者だけがスキンケアカウンセラーへと申し込めます。まずはスキンケアアドバイザー の資格取得を目指しましょう(^^)

 

スキンケアマイスター

スキンケアマイスターは日本コスメティック協会が発行している資格です。

 

  • 正しい美容の知識を学びたい
  • 化粧品に関する知識を総合的に習得したい
  • 美容関連の仕事でキャリアアップを考えている

 

上記に該当する女性に適しており、中でも化粧品やサプリメントに関する知識を中心に幅広く学ぶことができます。

受講料は5,000円と比較的安めに設定されているのが特徴で、公式ホームページでは2014年度版検定テキストや出題範囲が掲載されているので興味がある方はチェックしておきましょう。

 

スキンケアマイスター資格公式HPへ

 

スキンケアスペシャリスト

スキンケアスペシャリスト はformieというオンライン通信講座で取得できる資格です。スマホやパソコンを使っていつでもどこでも自分の好きな時に受講から試験まで受けられるので、忙しい人にピッタリです。

formieに関してはこちらに詳しく書いてあるので、参考にしてくださいね。 

こちらの記事もおすすめ

 

スキンケアスペシャリスト資格講座では肌タイプの正しい理解や、ニキビなどのトラブルの原因や解決方法、正しいコスメの選び方まで学べます。

数多くあるスキンケア関連の資格の中だと入門編に位置するのではないでしょうか。まずは自分が抱えている肌トラブルを解決するために正しい知識を得たいという女性に向いていると思います(^^)

 

受講から試験まで全てオンラインで受けられますが、合格すると紙の合格証がもらえるので専門スキルを持っているという証明にもなります。最短1ヶ月で取得可能なので、興味がある人はチェックしてみてください!

 

▶スキンケアスペシャリスト公式HPへ

 

まとめ

スキンケアに関する資格を4つご紹介しましたが、いかがでしたか?

個人的におすすめなのは一番最初に紹介したスキンケアアドバイザーです。美容業界からの認知度と信用度も高く、取得している現役エステティシャンの方も多くいます。

もしあなたが美容業界に入りたい、美容のプロになりたいと思っているのなら一度検討してみてくださいね(^^)

 

スポンサーリンク

【おすすめの関連記事】

www.usamiblog.net 

www.usamiblog.net

www.usamiblog.net

www.usamiblog.net