28歳独身女、手に職をつける

資格とったりダイエットしたり・・・そんな毎日。

簿記3級に1発で合格するためにおすすめの参考書3選

f:id:create-crema:20170723215043j:plain

こんにちは、簿記3級取得者のうさみです!

簿記3級に合格する秘訣は『基本を理解し、より多くの問題を解くこと』です。

しっかりと基本を理解することで応用問題にも対応できるようになり、より多くの問題を解くことで本番でミスをする可能性を減らすことができます。

 

このぺージでは簿記3級に受かるためのおすすめテキストと参考書を3冊紹介していきます。

また、テキスト・参考書を選ぶときのポイントもお伝えしていくので、参考にしてみてください。

 

 スポンサーリンク

おすすめテキスト&参考書2冊

まずは独学で勉強する人におすすめのテキスト2冊です。

実際に書店へ行って色々な参考書を見比べて厳選した2冊になります。

スッキリわかるシリーズ

簿記の参考書では不動の人気シリーズです。

テキストと問題集が1冊にまとまっているタイプなので便利ですね。

キャラクターやイラストを使ったマンガのような作りでわかりやすいので、簿記に苦手意識がある人や数学が苦手な人には取り組みやすいと思います。

 

みんなが欲しかった簿記の教科書&問題集

みんなが欲しかったシリーズも定番の参考書です。

こちらは教科書と問題集が別になっているので、2冊セットで購入すると良いでしょう。

教科書(テキスト)は項目ごとに例題と基本問題がついているので、一つずつ理解して進めていくことができます。

また、シンプルだけどフルカラーで図を使って説明してあるので、とてもわかりやすいと思います。

問題集の方は試験対策の問題と模擬試験が3回分ついているので、多くの問題を解くことで本番に備えることができますよ。 

 

『スッキリわかるシリーズ』も『みんなが欲しかったシリーズ』も答案用紙が専用のホームページからダウンロードできるようになっています。

自由にコピーして繰り返し問題が解けるのが嬉しいですね◎

 

ちなみに・・・
実際に『スッキリわかるシリーズ』と『みんなが欲しかったシリーズ』で見比べた結果、よりおすすめなのは『みんなが欲しかったシリーズ』です。
全体的に見やすい点や項目ごとに例題がついている点などが決め手です。
しかし、好みの問題もあるので、もし書店で購入する場合は二つを見比べて気に入った方を選んでくださいね。

 

おすすめ問題集「ネットスクールの模擬試験問題集」

3冊目は模擬試験問題集です。 

模擬試験が全8回と過去問が3回分ついていて、全部で11回分も試験形式の練習ができます!

しかも問題と答案用紙が各回ごとで取り外しできるので、より試験のような形式で臨むことができるのが魅力です。

正直11回分も試験問題を解けば充分すぎるくらいだと思います。

出題傾向や問題の解き方がきちんと頭に入るので、あとはケアレスミスをしなければ問題ありません。

 

独学で勉強する人はもちろん、通信講座で勉強する人にもおすすめです。

確実に合格したい人や試験までの日にちに余裕がある人は追加で購入するならコレが良いですよ!

実際に私は ヒューマンアカデミー の通信講座とこの問題集を使って1ヶ月で1発合格しました。

私の勉強法はこちらの記事で詳しく紹介しています。

>>簿記3級に1発で合格する方法

 

-注意-
こちらはあくまで模擬試験問題集なので、あくまで補助的な役割として考えてくださいね。独学でも通信講座でも、それだけじゃ不安でもっと問題を解いて試験に慣れたいという人におすすめする参考書です。もし他の参考書や教材に模擬試験式の問題が多く付いているならそれだけで充分かもしれませんので、無理に購入は勧めません!

 

市販の参考書を選ぶ時の3つのポイント

簿記3級の勉強をする時に買う参考書を選ぶ時の重要なポイントは3つあります。

  • 最新版であること
  • 答案用紙が付いていること
  • 模擬試験形式であること

順番に説明していきましょう。

最新版である

f:id:create-crema:20170723215108j:plain

簿記3級の参考書は『平成△年度』や『第〇回用』のように年度が分かれています。

簿記検定は平成28年度から30年度にかけて出題範囲の改定を行っています。

なので、一番最新のものを買わないと出題範囲が違ってしまい、問題を解くのに支障をきたす可能性があります。

 

普通の本屋さんに行けば最新版が置いてあると思いますが、古本屋やネットで購入する場合は特に注意が必要です。

自分が受ける試験日に合った参考書を買うようにしましょう。

 

ちなみに簿記検定は毎年6月、11月、2月に試験が行われるのが通例です。

この『年度』というのは6月から始まって2月が最後という区切りになってるので注意しましょう。

f:id:create-crema:20170723215134j:plain

また簿記検定は『第〇回』という呼ばれ方をするので、こちらで確認するのも良いでしょう。

 

平成29年度はこのような日程になっています。

簿記3級

*すべて日曜日

 

答案用紙が付いている

f:id:create-crema:20170723215206j:plain

問題の解答が書ける解答欄や答案用紙が付いているものを選びましょう。

ごくまれに古い参考書だと、問題だけ書かれていて解答欄がない場合があるので注意が必要です。

参考書に直接回答を書き込むタイプと、答案用紙が別の冊子になっていて取り外しができるタイプがあります。

直接書き込むと繰り返し問題を解くことができないので、別冊子になっているタイプを使い、コピーして何度も問題を解けるようにすると良いでしょう。

 

模擬試験形式である

f:id:create-crema:20170723215220j:plain

参考書は主に以下の4つに分かれます。

  • テキスト
  • 問題集
  • 過去問集
  • 模擬試験問題(予想問題集)

 

テキストは教科書のようなものですね。説明が書いてあるものです。

そして問題集はテキストとセットになっているものと、そうでないものがあります。どちらにしても各項目(科目)ごとに問題が載っています。

 

しかし本番の試験はその項目ごとの問題がそのまま出題されるわけではなく、組み合わさって出題されたり、ちょっとひねった問題が出題されます。

そのため過去問や模擬試験などを解いて試験の様式に慣れる必要があります。

テキストと問題集で全て完璧に理解したつもりでも、いざ模擬試験を解いてみると「全くわからなかった」というのはよくある話なのです。

 

簿記の試験は全5問ありますが、どのような問題がでるかはある程度傾向が決まっています。

その傾向を知って、本番と同じような形式の問題をより多く解くことが合格への近道です。

 

そのために役に立つのが『過去問題集』と『模擬試験問題集』ですが、できれば『模擬試験問題集』を選ぶと良いでしょう◎

先ほどもお伝えした通り、簿記検定は平成28年度から30年度にかけて出題範囲の改定を行っています。

そのため過去の試験とは出題範囲や言葉の違いが出てきます。

3級はあまり大きな差がないのが実情ですが、解いていて混乱してしまう可能性もあります。

その点、模擬試験問題集は対応の試験に合わせた予想問題なので出題範囲が違うということはありませんし、過去の試験の傾向を分析して作られた問題なので信用もできます。

 

まとめ

簿記3級に1発で合格するためには『基本を理解して、より多くの問題を解くこと』が重要◎

 

私はより合格を確実にするために ヒューマンアカデミー の通信講座を利用しましたが(加えてネットスクールの模擬試験問題集も使用しました)、3級なら独学でも充分合格できるレベルです。

もし完全に独学で臨むのであれば、今回紹介したテキストと模擬問題集を使うと良いでしょう◎

 

独学で不安な人は通信講座に関する記事も読んでみてくださいね。

・私が実際におこなった通信講座を利用した勉強法はこちらの記事へ

>>簿記3級に1発合格する勉強法

・どこの通信講座を使おうかなと迷っている人はこちらの記事へ

>>簿記3級の通信講座はヒューマンアカデミーがおすすめ!