28歳独身女、手に職をつける

資格とったりダイエットしたり・・・そんな毎日。

ヒューマンアカデミーたのまなメンタルケア心理士講座の受講内容とは?

f:id:create-crema:20170815234515j:plain

こんにちは、メンタルケア心理士資格取得者・うさみです!

メンタルケア心理士になるには、ヒューマンアカデミーたのまなで『メンタルケア心理士講座』を受講しなくてはいけません。

 

 精神解剖生理学基礎

 精神医科学基礎

 カウンセリング基本技法

メンタルケア心理士講座のテキストは、試験範囲に合わせて上記の3冊に分かれています。

ヒューマンアカデミーたのまなは通信講座なので、どのようなテキストなのか中身を見ることはできません。

なので、「具体的にどんなことを学ぶのかな?」「わかりやすいテキストかな?」と不安になりますよね。

私もテキストが届くまでは「大丈夫かな?」と不安でした。

 

そこでこのページでは、具体的にどのような内容なのか、そしてどう勉強したらいいのかなどをお伝えしていきます。

じっくり読んで、本当にあなたが学びたいことが学べるのかを見極めてくださいね!

 

 メンタルケア心理士講座公式HPへ

スポンサーリンク 

f:id:create-crema:20171012002634j:plain

メンタルケア心理士講座のテキスト内容

f:id:create-crema:20170722231253j:plain

心理学は色々な種類に分かれますが、メンタルケア心理士講座で学ぶのは『うつ病や精神疾患を予防・治療するための心理学』です。

ビジネスや恋愛のための心理学とは違いますので、注意してくださいね!

 

全体的に言えることとしては、図や絵は少なめのテキストになっています。

文章が多く、マンガのような構成が入っているわけでもないので、活字を読むのが苦手な人は苦労するかもしれません。

(私が実際に受講した2016年のテキストの話なので、今は改良されている可能性があります)

①『精神解剖生理学基礎』のテキストで学ぶこと

f:id:create-crema:20170815234555j:plain

主に心臓や耳など人間の臓器・器官の働きやそれらの異常から起こる病気について学びます。

医学・解剖学の分野なので、難しい部分が多いです。聞きなれない言葉が多く出てきて、理解するのに苦労するかもしれません。

 例えば・・・

「膵臓にはたんぱく質を分解するトリプシンなどの酵素が含まれている。ホルモンを作る内分泌機能があり、ランゲルハンス島からは2つのホルモンが分泌されている。β細胞からはインスリンが分泌されて・・・」

「神経伝達物質のドーパミンは神経を興奮させる作用がある。パーキンソン病ではドーパミンが不足し、興奮が高くなりすぎる結果、パーキンソン病特有の手足の震えが発生する。」

 

②『精神医科学基礎』のテキストで学ぶこと

f:id:create-crema:20170815234614j:plain

総合失調症や腎不全など、実際に精神症状が出る病気について学びます。

実際の病気や症状を学べますし、「心」と「体」がつながっているということを学べる部分になっています。

 例えば・・・

「統合失調症の原因・症状・主な治療法とは。」

「認知症の患者には抑うつ気分や妄想などの精神症状があらわれる」

 

③『カウンセリング基本技法』のテキストで学ぶこと

f:id:create-crema:20170815234637j:plain

実際のカウンセリングの現場で行われるカウンセリング技法や基本知識を学びます。

カウンセラーとしての心構えや心理療法などを学び、心理カウンセラーとして一番実践的な内容を学ぶ部分です。

 例えば・・・

「カウンセリングの基本はまず話を聞くことで、クライアントは自分の力で良い状態にもっていくものである」

「来談者中心療法はロジャーズが考案したカウンセリング技法である。ロジャーズはカウンセラーの基本的態度として純粋性・受容・共感的理解を挙げている」

 

メンタルケア心理士講座の勉強方法

f:id:create-crema:20170723215220j:plain

3冊のテキストとDVD、添削問題などを使い、以下の順番で勉強をしていきます。

  1. 『精神解剖生理学基礎』テキスト&DVD
  2. 添削確認レポート
  3. 『精神医科学基礎』テキスト&DVD
  4. 添削確認レポート
  5. 『カウンセリング基本技法』テキスト&DVD
  6. 添削確認レポート
  7. 補講問題
  8. 模擬試験
  9. 修了テスト

 

テキストは『精神解剖生理学基礎』から順番に行なっていきます。

DVDを見ながらテキストを読み進めていきましょう。自分でノートを作って板書しながら勉強をするのがおすすめ◎

 

テキストが1冊終わるごとに確認レポートという添削問題を解いて、ヒューマンアカデミーに送ります。

赤ペン先生が添削してくれて返ってくるので、ミスをしやすい箇所や理解が足りない部分を把握することができますよ!

 

添削問題と補講問題と模擬試験は合否が出ませんが、最後の修了認定テストは合否判定が出るので合格しないと修了できません。

 

 メンタルケア心理士講座公式HPへ

 

メンタルケア心理士講座申込みから試験までかかる期間は?

f:id:create-crema:20170815234703j:plain

メンタルケア心理士講座の標準学習期間は4カ月となっています。私の実体験や独自アンケートによる口コミを見ても3~4カ月程で受講を終了できるかと思います。

しかしそのあとでメンタルケア心理士の試験を受けることになりますので、資格取得までだと半年はかかると思っていた方が良いでしょう。

 

ちなみにヒューマンアカデミーのサポート期間というものが存在します。メンタルケア心理士講座のサポート期間は8カ月で、この期間中に添削提出や修了試験合格をしないといけません。

申請をすれば延長をすることもできますが、ダラダラ勉強するのも良くないですよね。基本的にはサポート期間内に受講修了することを目指しましょう◎

 

メンタルケア心理士の選べる講座とお得なキャンペーン情報

これまで『メンタルケア心理士講座』について説明してきましたが、ヒューマンアカデミーには上級資格(メンタルケア心理専門士)や他の資格がセットで取得できる講座もあります。(2017年8月現在)

メンタルケア心理士だけを目指す講座なのか、他の資格も取得できるセットなのかの違いですね。

f:id:create-crema:20170815234740j:plain

メンタルケア心理士講座の受講料は正規価格で49,000円ですが、他の資格講座とセットになっているものになると当然受講料はUPします。

しかし、別々で申し込んで受講するよりは安く済むので、「他の心理資格も同時取得したい」「上級資格も目指したい」という人であればセット講座を受講することをおすすめします。

より知識を深めたい、仕事で役立てたいということであれば上級資格『メンタルケア心理専門士』の取得を目指す方が良いので、セットで挑戦すると良いですね!

 

受講料はヒューマンアカデミーで頻繁に行なわれているキャンペーンを利用すると5,000円ほど安く申し込めることがあるので、その機会を狙うべきですよ!

 

 

まとめ

ヒューマンアカデミーたのまなのメンタルケア心理士講座では3冊のテキストを勉強していきます。

 精神解剖生理学基礎・・・主に心臓や耳など人間の臓器・器官の働きやそれらの異常から起こる病気について学ぶ

 精神医科学基礎・・・総合失調症や腎不全など、実際に精神症状が出る病気について学ぶ

 カウンセリング基本技法・・・実際のカウンセリングの現場で行われるカウンセリング技法や基本知識を学ぶ

 

テキストは図解やイラストが少なめで難しく感じるかもしれませんが、1冊のテキストが終わるごとに添削の確認レポートを提出して理解度を深めながら進んでいくので大丈夫です◎

 

メンタルケア心理士講座の他にも、他の心理資格とセットになった講座もあるので、自分に合うものを選んでくださいね!

スポンサーリンク 

f:id:create-crema:20171012002634j:plain

 

受講終了後は試験を受けることになります。詳しい流れや試験については他の記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

 メンタルケア心理士になるまでの3ステップ!

 メンタルケア心理士の試験は難しい?試験問題と対策