28歳独身女、手に職をつける

資格とったりダイエットしたり・・・そんな毎日。

メンタルケア心理士資格の評判・口コミを独自アンケートで調査!

f:id:create-crema:20170819012218j:plain

こんにちは、メンタルケア心理士資格取得者・うさみです!

メンタルケア心理士資格は民間の心理資格ですが、メンタルケア学術学会が認定している資格です。

数多くある心理系資格の中でも信頼度が高いと言われていますが、実際に取得した人の評判や口コミはどうなのでしょうか?

メンタルケア心理士資格を取得した20名の方にアンケートをとってみたので、その結果や口コミ体験談をお伝えしていきます!

これから心理系資格を取得したいという方は参考にしてみてくださいね。

 

メンタルケア心理士講座公式HPへ

重要
現在メンタルケア心理士試験は在宅試験ですが、2018年7月実施試験より会場試験になります。
在宅試験を受験できるのは2018年3月25日の試験までなので、 在宅試験を目指す人は早めに受講を開始することをおすすめします!
スポンサーリンク 

f:id:create-crema:20171012002634j:plain

20名の資格取得者に独自アンケートで評判を調査!

ネットを通じて募集をした方や、私自身の知り合いにお願いしてアンケートに答えていただきました。

Q.メンタルケア心理士資格をとろうと思ったきっかけは何ですか?

 A.回答

なにか心理学の資格をとりたいと思っていたから

・家族がうつ病になって、サポートしたいと思ったから

・心理学の知識を仕事に役立てたいと思ったから

・通信講座で簡単にとれそうだったから など

 

漠然と「心理学の資格をとりたい、勉強をしたい」 という人もいれば、「身近な人がうつ病になって・・・」という人もいます。

「他の資格も比較検討した結果、メンタルケア心理士資格が一番信頼できそうだった」という人も多かったですね。

 

Q.メンタルケア心理士資格取得のための勉強は大変でしたか?

f:id:create-crema:20170813211627p:plain

 A.回答

心理学の勉強は初めてなので、難しかった

・臓器の働きや神経細胞についてなど、難しい内容のときはやめたくなった

・仕事をしながら勉強するのは大変だった

・通信講座での勉強なので、自分のペースで行えて特別大変だとは思わなかった

 

メンタルケア心理士資格取得を目指すのは、男女問わず、働いている人が多いです。疲れて帰ってきて勉強をしなくてはいけない・・・というのは結構大変なものですよね。

 

また心理学と一言と言っても、色々な種類があります。

ビジネスや恋愛に役立つような心理学もあれば、うつ病などの精神疾患の治療や予防を行う心理学もあります。

メンタルケア心理士資格は後者の心理学(臨床心理学)を学ぶので、内容としては難しいものになります。

そのため、「大変だった」と回答する人が多くなったようです。

受講講座についてはこちらの記事で詳しく説明しているので、参考にしてみてください。

メンタルケア心理士講座では何を学ぶ?受講内容とは 

 

Q.メンタルケア心理士の試験は難しかったですか?

f:id:create-crema:20170813220940p:plain

20人中18人が難しい!と答えました。私も難しいと思いましたね。

メンタルケア心理士の試験はテキスト閲覧可の在宅試験なので簡単そうにみえるかもしれませんが、在宅試験のわりには難易度が高いと思います。

実際の合格率は46%(平成27年度公式発表)で、2人に1人は不合格になっているのが現状です。

試験問題についてはこちらの記事で紹介しています。

メンタルケア心理士の試験って難しい?試験問題と対策

 

Q.資格取得までにかかった期間はどれくらいですか?

f:id:create-crema:20170813221004p:plain

資格を取得するにはヒューマンアカデミーのメンタルケア心理士講座を受講し、年4回ある試験を受験し、合格するという流れが一般的です。

メンタルケア心理士講座を受講するのに平均3~4カ月かかり、そのあとスムーズに試験を受けることができても、だいたい半年ほどはかかる計算になります。

 

ヒューマンアカデミーにはサポート期間というものが存在します。メンタルケア心理士講座のサポート期間は8カ月で、この期間中に添削提出や修了試験合格をしないといけません。

申請をすれば延長をすることもできますが、ダラダラ勉強するのも良くないですよね。基本的にはサポート期間内に受講修了することを目指しましょう◎

 

ちなみにアンケートで『~2年』と答えてくれた人は、事情が変わって受講を一時休止せざるをえなくなり、サポート期間を延長したということでした。

メンタルケア心理士講座の受講内容についてはこちらの記事へ

なにを学ぶの?メンタルケア心理士講座の受講内容

 

Q.メンタルケア心理士資格は仕事に役立っていますか?

f:id:create-crema:20170813221030p:plain

 A.回答

心理カウンセラーのアシスタントとして働けている

・メンタルクリニックの受付で働いているが、直接的に役立てる機会はないかも

・介護施設で働いていて、精神的に不安定な人のサポートをする仕事を任せてもらえるようになった

・資格を取得しただけで、特に役立ててはいない など

 

メンタルケア心理士資格を取得したからといって、すぐに就職に結びついたり、転職に必ずしも有利になるというわけではありません。

正直、資格を取得しただけで心理カウンセラーとして働ける人は少人数でしょう。

 

そのため、病院や介護施設などで他の仕事をしながら知識を活かしている、経験を積んでいるという人が多く見られます。

ごくまれにカウンセラーのアシスタントとして就職できた人や、「いのちの電話」のような電話相談員として活躍している人がみられます。

メンタルケア心理士資格を活かせる仕事についてはこちらの記事へ

メンタルケア心理士資格はどう活かす?どんな仕事があるの?

 

Q.メンタルケア心理士資格を取得してよかったですか?

f:id:create-crema:20170813221055p:plain

  A.回答

カウンセラーになるための基礎が勉強できたので、取得してよかった

・身近にうつ病の人がいるので、少しでも理解できるようになってよかった

思っていたような心理学とは違ったので、他の資格を目指せばよかった

・取得したからといって就職はできなかった・・・意味がなかったかも など

 

実際に今の生活や仕事で役立てている人は「取得してよかった」と思っているようですが、活かせていない人にとっては「取得が意味のないものだった」と思っている人もいます。

しかし、直接的には活かせていなくても「勉強できただけでよかった」「今後なんらかの形で活かしていきたい」と思っている人は多いようでした。

 

また、より知識を深めて仕事に役立てるために、上級資格のメンタルケア心理専門士を目指して勉強しているという人もいました。

メンタルケア心理専門士資格を取得すると、仕事の幅が広がり役立つことが多くなるのでおすすめですよ!

重要
現在メンタルケア心理士試験は在宅試験ですが、2018年7月実施試験より会場試験になります。
在宅試験を受験できるのは2018年3月25日の試験までなので、 在宅試験を目指す人は早めに受講を開始することをおすすめします!

 

メンタルケア心理士資格取得までの体験談

f:id:create-crema:20170813232407j:plain

アンケートに答えてくれた人の中から2名の方にさらに詳しく話を聞きました!

 立場の違う女性お二人なので、考えていることが違っておもしろかったです。

 

「アルバイトでカウンセラーとして働いています」(36歳・女性)

Q.メンタルケア心理士資格を取得しようと思ったきっかけを教えてください。

知人が地域に密着したカウンセリングルームをオープンさせるということで、カウンセラーとして働かないかと誘われたことがメンタルケア心理士資格を取得しようと思ったきっかけです。

Q.資格取得後の仕事が決まってからの取得だったんですね。それまではカウンセラーとしての経験はなかったのですか?

まったくありませんでした。結婚後はスーパーのレジ打ちでパートをし、結婚前は事務のOLとして働いていました。なので、なんの経験もない私がカウンセラーとして働けるのかな・・・と不安でした。

Q.そうですよね(汗)資格を取得するまではスムーズにいけましたか?

メンタルケア心理士資格の勉強は、今まで全く学んでこなかった分野のこともあるので、難しくて少し苦労しました。でも試験ではテキストを見ることができますし、すべてを覚えることはないのでなんとか一発合格することができました!

Q.見事合格して、今は予定通りカウンセラーとして働いているんですね。

はい、ただアルバイトです。しかもアシスタント的な役割の方が大きいですね。心理カウンセラーはときには命にも関わる仕事です。メンタルケア心理士資格を取得しただけで、一人前のカウンセラーとして働くわけにはいきません。今は臨床心理士の資格を持つカウンセラーに実際のカウンセリング方法などについて教えてもらいながら経験を積んでいます。

Q.最後に今後の目標を教えてください。

心理学は奥が深く、学ぶことは山ほどあります。現場で経験を積みながら勉強を重ね、いつかは一人前のカウンセラーとして困っている人を助けたいです。

 

「看護師のスキルアップの一環として取得しました」(28歳・女性)

Q.看護師さんとのことですが、どうしてメンタルケア心理士資格を取得しようと思ったのですか?

自分のスキルアップのためです。心理学の資格を取得しておくことで、仕事の幅が広がったり、転職に有利に働くかなと思ったんです。

Q.それは具体的に言うと・・・?

看護師が働けるのは外科や内科などの一般的な病院だけではありません。美容外科やメンタルクリニックなどでも看護師は重宝される存在です。美容外科ではスキンケアの知識が必要になるのと同じように、メンタルクリニックでは患者さんの心に寄り添えるように正しい専門知識を持っておく必要があります。また介護施設などで働いている看護師もいますが、認知症の方へのケアで心理学の知識が役立つと聞いたことがあります。

Q.確かに仕事の幅が広がりそうですね。今はメンタルクリニックで働いているのですか?

はい、資格取得後に転職をしてメンタルクリニックで看護師として働いています。メンタルケア心理士資格を取得しておいたことで、転職がよりスムーズにいったかなと感じました。

Q.心のケアもできる看護師さんなんですね。仕事で大変なことはなんですか?

精神的に結構しんどいなと思うことがあります。患者さんの心に寄り添うことで、患者さんのマイナスの感情に引っ張られてしまうことがあるんです。うまくコミュニケーションをとれないことも多く、一般的な看護師の仕事よりも精神的な負担が大きいなと感じます。

Q.大変そうですね(汗)最後に、メンタルケア心理士資格は看護師さんにおすすめの資格だと思いますか?

心理学の勉強はしておいて損ではないと思いますが、メンタルケア心理士でなくてはだめ、というわけではありません。ただ、心理カウンセラーになるわけでないなら臨床心理士や認定心理士をとるほどでもないと思うんです。そう考えると通信講座で早く取得できるメンタルケア心理士は忙しい看護師に合っているかなと感じます。

 

こちらの方のように、メンタルケア心理士資格を取得する看護師さんは多くいるようです。『看護師が心理資格を取得するメリットと求人とは?』も合わせて読んでみてくださいね。

 

重要
現在メンタルケア心理士試験は在宅試験ですが、2018年7月実施試験より会場試験になります。
在宅試験を受験できるのは2018年3月25日の試験までなので、 在宅試験を目指す人は早めに受講を開始することをおすすめします!

 

評判のまとめ

20名のメンタルケア心理士資格取得者にアンケートで評判を聞いたところ、次のような意見が多く見られました。

勉強や試験は難しく、仕事の両立も大変だった

資格や勉強した知識を役立てることはできるが、心理カウンセラーとして働くのは難しい

役立てることができなくても資格取得は意味のあるもので、取得してよかった

 私もメンタルケア心理士資格を取得していますが、上の意見と同意見です。

 

心理カウンセラーとして働けるのか、他の仕事に役立てられるのかはあなた次第ですが、勉強したことは決してムダにはなりません。

挑戦しようと思ったらまずはヒューマンアカデミーのメンタルケア心理士講座を受講してみてくださいね!

スポンサーリンク 

f:id:create-crema:20171012002634j:plain