28歳独身女、手に職をつける

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

28歳独身女、手に職をつける

手に職をつけたいと願いながら色々と手を出すアラサー女のブログ

クラウドワークスでライティングの副業始めました☆仕事の選びのポイントは?

お小遣い稼ぎ お得情報

f:id:create-crema:20160919214714j:plain

こんにちは、うさみです。

最近【クラウドワークス】 というクラウドソーシングのサイトで副業を始めました。行うのは主に記事のライティングです。ブログをしている私がどうしてクラウドワークスを始めようと思ったのか、実際にどんな風に案件を選んだか、どんな変化があったかをお伝えします☆

 

 

クラウドワークスとは

【クラウドワークス】 とはライティングやプログラミング、Webデザインなどネットやパソコンを使ってできる仕事のマッチングサイトです。仕事を発注したい人と仕事を受注したい人がクラウドワークスを通じて出逢い、契約をし、お金のやり取りも行います。

クラウドワークスでの仕事を専業でしている人もいますが、大半が会社員や主婦の人が副業・パート感覚の仕事として登録しているようです。

  

私がクラウドワークスの副業を始めようと思った理由

なんでライティングの仕事をやろうと思ったかというと・・・

今まで以上に時間が作れるようになったのと、ライティングのスキルアップがしたかったからです。

ブログを始めてから毎日こうやって記事を書くわけですが、探り探りです。記事の構成とかは自己流で「これ読みやすいのかな?ちゃんと伝わってるのかな?」と思うんです。

 

見出しの付け方、起承転結、言葉遣い・・・。特に出版社に勤めてたことがあるとか、ライターやってましたとかじゃないので正しいのかがわかりません。まぁ個人でやってるブログなのでそこまで気負う必要もないんですが、せっかくなら読みやすい記事を書きたいですし、読みやすければもっとたくさんの人が読んでくれるかなって(>_<)

 

あとはスピードですね。1つの記事にかける時間が結構かかってしまって、もったいない。もちろんじっくり濃い内容を書くのも大事ですが、同じ内容・同じ文字数なら短い時間で終わらせた方がいいですよね。これは慣れかなと。

 

仕事内容

クラウドワークスにはタスク案件とプロジェクト案件というものがあります。必ずしもそうとは限らないですが、わかりやすく言うと「タスク=単発」「プロジェクト=長期」という分け方になります。

そして案件を見ていると、タスクは単価が低く、プロジェクトは単価が高めの傾向にあるように思えます。

ライティングの仕事だと本格的に行う人ほど、プロジェクト案件に申し込んで少ないクライアントと長期契約を結んで仕事するみたいですね。

 

仕事を選ぶポイント

私は最初タスク案件で細々と行っていたのですが、長期で高単価の案件をこなしたくなったのでプロジェクト形式の案件にいくつか応募してみました。

案件を探すにあたってこれらの条件をもとに探して、実際に契約をしました。

 

①私が興味があることがテーマで書ける

『興味があること』って結構難しくて、『興味がある=知識がある』ってことで、そういうのはぶっちゃけブログで書きたいんですよね。

自分の得意分野で良い記事が書けたら、自分のブログで披露したいじゃないですか(笑)その方がPV伸びるでしょうし。

でも全く興味がない分野の記事は書けないから・・・際どい所です。

 

②固定報酬制

これはライティングで検索したらほとんどが固定報酬制ですね。固定じゃなかったら時給制とかになりますから。

 

③文字単価0.4円以上

文字単価は0.3~0.4円が初心者の入り口としては良い値段らしいです。

これ以下の0.01円とかの案件もゴロゴロしてますが、あまりにも低くて稼げないです。

0.3~0.4円レベルから始めて、徐々に単価を上げてもらうか、別の高報酬の案件に挑戦・乗り換えるって流れが良いみたいですね。

 

④最低納品数は週に1本

やってみないとわからないので、1日1本は必ずとか言われるとプレッシャーで書けなくなります。しかもあくまでブログを優先したい気持ちがあるので、最低スパンは週1が希望です。

 

⑤最高納品数は限度なし

逆に最高数は限度なしがいいですね。せっかく稼ぎたくても「今月はこれ以上いりません」って言われたら困りますから。

 

⑥報酬UPの可能性がある

ほんのちょっとずつでもいいのでUPしていかないとモチベーションも続きません。いつまでも安い単価で書き続けるわけにもいかないですしね(^_^;)

 

⑦テストライティングがある

プロジェクト形式だとたいていあるんだと思いますが、応募する時に1つ記事を書いて応募しました。

自分の実力を判断してもらうためのものですね。

これで依頼主との相性もわかるので大事なものです。

記事は決まった形式で書かなくてはいけないこともあります。

見出しを必ず付けること、タイトルは何字で、写真は何枚挿入するなど細かい指示書がもらえることもあります。

納品形式もWordなのかテキストなのかなど様々です。

実際に記事を書いてみて「合わないな」「向いていないな」と思う事もあるのでとても重要です。

 

⑧キュレーション(まとめ)記事ではない

ちょっと前に"はてなブログ"でキュレーション記事のパクリ問題が話題になっていましたよね。

こちらです。勝手に言及失礼します。

mecchanikukyu.hatenablog.com

パクリ問題は決してキュレーションに限ったことじゃないし、正直今回私が実際に契約したところも何のサイトに使われるか明記していなかったので不安なんですが、とりあえず『キュレーション記事のライティング』と明記されているものは避けました。

 

ちなみにこのパクリに関する記事を読んで、引用とか転載とかの事を勉強・確認しなおさなきゃなと思いました。あまりにも勉強不足の状態でブログをしているので恐いです・・・。 

f:id:create-crema:20160919215152j:plain

クラウドワークスを始めてからの変化

書くのが早くなった

まず、記事を書くのは早くなりました。最初は1200字の記事を1本書くのに3時間かかりました。要領がよくわからなくて・・・。

自分の頭の知識だけじゃ書けないので、本をひっぱり出してきて、ネットで調べてってやってると全然書けませんでした。でも今は1時間に1本のペースで仕上げられます。

 

特化ブログの良さがわかった

私が契約した案件はテーマがある程度決められていて、そのテーマに沿ってさらに細かくテーマを決めて記事を書きます。

 

例えば「20代女性のダイエット」について書くという契約

⇒「単品ダイエットとは?」「ダイエットが健康に及ぼす害とは?」みたいなタイトルの記事を書く

みたいな事。いわゆる特化ブログと同じですね。

 

私のブログは完全に雑記ブログと化しています。雑記だから書く事が何でもありそうな感じがしますが、逆に何を書いたらいいのかわからなくなるんですよね。

でも特化ブログ的な感じでライティングをしていると、アイディアが結構つながって出てきます。

例えば『ダイエットにはストレッチが効く』という記事を書いたとします。

その中で例えばどんなストレッチ?という項目で、「ヨガ」と「開脚ストレッチ」を挙げます。

するとそこから派生させて、また別で『ヨガのやり方』『開脚ストレッチに挑戦!』って記事が書けます。一気に3つの記事のアイディアが浮かぶんですよね。

雑記ブログだからなのか、私の頭の問題なのか・・・このブログではそういう展開がなかなかできていなかったんです。でもこうやって広げて、記事を増やしていけるんだなと勉強になりました(^^) 

 

これからの目標

まだ始めたばかりなので、単価も低く稼ぎは少ないとは思いますが、10月はクラウドワークスだけで3万円は稼ぎたいです(>_<)がんばります。

 

クラウドワークスの登録・詳しい情報はこちらからどうぞ

↓                  ↓

日本最大級のクラウドソーシング【クラウドワークス】

 

 【関連記事】

www.usamiblog.net

www.usamiblog.net

www.usamiblog.net

www.usamiblog.net

 

スポンサーリンク