28歳独身女、手に職をつける

資格とったりダイエットしたり・・・そんな毎日。

お灸初心者なら火を使わないお灸がおすすめ♪肩こり&冷え性に効果あり◎

f:id:create-crema:20170125234911j:plain

こんにちは、デスクワーク続きで肩こりがひどいうさみです!

肩こりにお灸が効くと言われていますが、初めてお灸をする人にはよくわからなくて不安ですよね。そんなお灸初心者には『火を使わないお灸』がおすすめです。実際の使い方や効果をお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク
 

お灸とは

お灸とはツボを温熱で刺激することで、血行をよくして体の調子を整えたり、本来体が持っている治癒力を引き出すという治療法です。

ヒトの体には361ものツボがあり、それらを温めると血の巡りがよくなって調子がよくなると言われています。

 

本来お灸はモグサという乾燥させたヨモギの葉をツボの上に置いて燃やして行います。でも素人が自宅で行うにはハードルが高いので、誰でも簡単にできるようにと発売された『火を使わないお灸』が人気です◎

 

お灸の効果 

お灸は本来体が持っている治癒力を引き出し、免疫力を高める治療法なので、効果は様々で色々な症状を改善するパワーを秘めています。

例えば以下のような症状が改善されることがあります。また「なんとなく元気がでない」「ストレスで食欲がない」などのようなものまで効くといわれています。

  • 冷え症やむくみ
  • ダイエット
  • 肌荒れ
  • 便秘
  • 生理痛や月経前症候群
  • 頭痛
  • 腰痛
  • 肩こり

 

初心者におすすめ『火を使わないお灸』

f:id:create-crema:20170519205338j:plain

そんなお灸ですが、私のようにお灸を今までやったことがない人におすすめなのが『火を使わないお灸』です。

中でも私が実際に買ったおすすめ商品はせんねん灸から出ている『せんねん灸太陽』です◎

せんねん灸は「お灸といえばせんねん灸」というくらいとても有名なメーカーなので安心♪

せんねん灸から出ている商品で火を使わないお灸は他にもありますが、このせんねん灸太陽は2個入りなのでお灸未経験者・初心者のお試しにぴったりです(^^)

 

火を使わないお灸のメリット
  • 煙が出ない
  • 火を使わないので安全
  • 服を着たままでもできる
  • シールで貼れる
  • お灸をしながら仕事や家事ができる

 

本来のお灸は正しく使えば火傷しません。それでもなんかちょっと怖いですよね(汗)初めてのお灸は簡単にできて安全なものがおすすめです。

*体調や使用のタイミングなどによっては低温火傷することもあるそうなので気を付けて!

 

せんねん灸太陽の使い方

封を開けるとこんな感じで簡単な説明書とお灸が2個入っています。 

f:id:create-crema:20170519205646j:plain

使い方は簡単で、説明に沿ってシールを剥がしてツボに貼るだけ(^O^)

 

ただ、問題なのが・・・ツボってどこ?!ってことですよね。

わからない人はせんねん灸のHPに載っているので確認してみてください。自分の症状に合わせてツボを探してみてくださいね。

>>せんねん灸公式HP

 

例えば私は肩こりのツボに貼ることにしました。首の付け根と肩の先の中間あたりにある“肩井”というツボです。

“肩井”=ケンセイ

と呼びます。

 

さて、貼ってみると、じんわ~り温かくなってきます。そして徐々にさらに熱を持った感じに。商品のパッケージには『ぬるま湯程度で約3時間』持続すると書いてありますが、若干ぬるま湯よりも熱かったですね。ぬるま湯じゃなくて温泉です。

でも「あぁ~気持ちいい~」って感じです(笑)

 

右肩だけ貼ってみたんですが、貼ってる最中から右と左ではもう違うのがわかります。左はこっていて痛いんですが、右は温かさで痛みが消えていく感じ(^^)

温かいと気持ちも落ち着く気がしますね☆お風呂に入って「ふっぅ~~~~」っなった時と同じ感じです(笑)

 

まとめ

残念ながら1回やっただけでは肩こりが治ることはありませんが、持続して行うのがお灸の賢いやり方だそう。確かに何回かやっていかないと効果は出ないと思います。

火を使わないでシールで貼るタイプなら、煙も出ないですし服を着た状態でもできるので、デスクワークの方やパソコンをよく使う方におすすめです。

もしよかったらお試しください(*^。^*)

Amazonでは2コ入りは販売されていないようです(2017.5.19現在)。

その代わり30コ入りなどは販売されています▼

*今回の記事を作成するにあたって「せんねん灸」のHPを参考にさせて頂きました。ありがとうございました。(公式HP http://sennenq.co.jp/top.html

スポンサーリンク